フランチャイズの不動産屋の特徴

どんなに賃料が安かったとしても、その物件の利便性が全くダメなようではその物件を選ぶ価値はありません。
確かに賃料も大切な賃貸選びの重要なポイントとなりますが、最も重要なことは利便性だということを忘れないでください。 多くの不動産屋から情報をもらっているフランチャイズ経営の不動産屋は、おこぼれの物件が多いことから必ずしも良い物件があるとは限りません。
情報の伝達が遅く、大家さんについてや周辺の環境を聞いたところで答えられないこともあるのです。

 

人気のフランチャイズ不動産屋は、直接大家さんとやり取りをしている物件はあまり抱えていません。
カウンターで見ることの出来る情報は、白黒で印刷されていて書式が統一されていないどこかの会社が扱っている物件ばかりとなっているのが特徴です。

 

確かにフランチャイズ経営をしている不動産屋は豊富な物件数を抱えているのですが、その反面物件のオーナーとは顔見知りで無いケースが多くあります。
「ペット不可」「子供不可」「未婚カップル不可」などの条件見落としがあり、審査で契約出来ないことも考えられます。



フランチャイズの不動産屋の特徴ブログ:2020-1-29

ミーがいつも心がけている
意外な減量法を紹介します。

それは
「コンビニのない道を通る」という心がけです。

減量を成功させたいなら、
道を選ぶべきだと思うんですよね。

なぜ道を選ぶべきかというと、
コンビニが視界に入ると、ついつい入ってしまうからです。

明るい店内に、窓際にはさまざまな雑誌が置かれ、
人が立ち読みをしている姿などが目に入ると、
気になって引き寄せられて入ってしまいます。

一度、店内に入ってしまうと、
ウエストが減っていなくても余分な物を買ってしまいがち…

おいしそうなおやつがずらりと並んだコンビニから
何も買わずに抜け出すのは、至難の業です。

ミーは誘惑に弱いので、特に辛いんです!

できるだけおやつは買わないと心がけているミーですが、
それでも一度視界に入ると気になり始めて、振り切るのに苦労します。

振り切ることができても
「あのおやつ、おいしそうだったなあ」「食べたかったなあ」
という心労を増やしてしまい、余計に疲れてしまうのです。

そこでミーは考えたのです。
そもそもコンビニのない道を通ってしまえばいいんだ!
視界にさえ入らなければ誘惑されることもない!

もちろんコンビニを通らない道を選ぼうとすると、
ほとんどの場合、遠回りの道になることでしょう。

しかし、その遠回りも「いい体操になる」と
前向きに考えればいいのです。

このように考えると、コンビニエのない道こそ、
減量成功への道なんじゃないでしょうか?

無用なカロリー摂取をしないための
ちょっとした心がけかもしれませんが、
意思の弱いミーのような人には、
お勧めの減量法だと思います。

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。

このページの先頭へ戻る